Home > 海洋散骨 > お墓の歴史

お墓の歴史

●お墓の歴史

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。

お墓とはなぜ立てるのでしょうか?仏教において、お墓を立てなければならないと規定しているかといえば、そういうのはないんですね。民族的な風習でしょうか。古来から、お墓というのはつくられてきました。古墳などに代表されるように、それは権力の誇示といった形で行われてきました。その後、貴族階級や武士階級でお墓がつくられるようになり、一般庶民にも広がり出したようですが、それでも江戸時代に入ってからなんですね。それも一般庶民のお墓というのは、今のような墓石の形ではありません。今のお墓のありようというのは、そう考えると歴史が浅いのかもしれませんね。

先祖のご供養のためにはお墓が絶対必要だと考えられる方もおられますし、一概に何がいいとは言えませんが。。。親族の反対によって、故人様の遺志だった散骨が行われないといったこともあります。お墓が絶対に必要ということではないんだという考え方の、一つの背景として覚えて置かれるのもよいかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ                                          取得資格:1級葬祭ディレクター フリーダイヤル                                        0120-417-352 電話受付 8:00~18:00                                  ────────────────────────────                                           大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                                     東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kaiyo-sankotsu.jp/blog/archives/2136/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
お墓の歴史 from 散骨・・海洋散骨・自然葬のビー・アライブ

Home > 海洋散骨 > お墓の歴史

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ