ホーム > タグ > グリーフケア

グリーフケア

海洋葬・海洋散骨とご遺族様のグリーフケア

■ 海洋葬・海洋散骨とご遺族様のグリーフケア

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「海洋葬・海洋散骨とご遺族様のグリーフケア」についてです。

ビー・アライブでは、海洋葬・海洋散骨のご依頼を受け、そのお手伝いをさせていただいておりますが、併せてご遺族様のグリーフケアも行っております。

人は大切な人を亡くした時、悲嘆(グリーフ)を感じて長い間悲しみが続いてしまうことがあります。
けれどご遺族様は、その悲しみを乗り越えなくてはなりません。
この精神状態は、精神的に大きなけがをしたような状態といえます。
この状態を支え、見守ることをグリーフケアといいます。

大切な人を亡くしたご遺族様は、誰もが同じ苦しみを経験します。
グリーフケアは、ご遺族様を無理に励ますということではありません。
ご遺族様が苦しみを乗り越えるために、ご遺族様と同じ気持ちを共にうけとめ、サポートを行うということなんです。

ビー・アライブは、海洋葬・海洋散骨についてはもちろん、ご遺族様のグリーフケアにも力を入れています。
ご遺族様にできるだけ自然に、そして少しでも楽な気持で悲しみを乗り越えていただきたいと考えています。

海洋葬・海洋散骨をしたい、興味があるという方は、ビー・アライブへご相談ください。

ビー・アライブでは、故人様を無事に海で散骨して差し上げるのはもちろん、ご遺族様のブリーフケアもさせていただきます。
散骨をお考えなら、ぜひビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グリーフケアの視線

■ グリーフケアの視線 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「グリーフケアの視線」についてです。 

グリーフケアとは、大切な人との死別を経験した人に対するケア、という意味です。

グリーフケアは決して簡単なものではなく、間違った関わり方をすると、相手の心をより傷つけてしまうことになりかねません。
大切な人を失くした方に対して接する時には関わる「視線」の位置が非常に重要になるんです。

グリーフケアを行う時には、同情や善意などで相手に接してはいけません。
まず、自分が大切な人を失くした時のことを考えることが必要です。
その経験がない人は、大切な人を失くしたらどうか、ということを想像する必要があります。
そのうえで、必ず「同じ視線を共有する」ことで相手と接することが大切です。
グリーフケアに必要なのは、人間としての共感なんですね。

「かわいそう」といった同情の気持ちから接してしまうと、どうしても相手より上からの目線で関わることになってしまいます。
そうなると、相手は絶対に心を開いてくれず、うわべだけで対応したり、敵意を抱いたりしてしまい、ケアすることにもならないわけです。

グリーフケアは、決して遺族に対しサービスを提供するようなものではないということです。
必要なのは人間的な感情を大切にした関わりです。目線を共有して、同じ思いで関わるということが、グリーフケアなのです。
散骨サービスを通じて、グリーフケアになればということは常々感じることでもあります。散骨のご相談はビー・アライブにお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > グリーフケア

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ