ホーム > タグ > 大阪

大阪

釣り好きだった夫の大阪湾での海洋散骨

■ 釣り好きだった夫の大阪湾での海洋散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「釣り好きだった夫の大阪湾での海洋散骨」についてです。

以前、「夫が釣り好きだったから、大阪湾で海洋散骨をしてほしい」とのご依頼を承ったことがあります。
ご遺族様のお話しでは、故人様は釣りがとても好きで、毎週大阪湾に釣りに出かけていたとのこと。
病気で亡くなってしまったけれど、それだけ釣りが好きだったから、海洋散骨をしてあげたいと考えたということでした。

釣り好きの方ご本人やそのご家族から、釣りで慣れ親しんだ海で海洋散骨をしたいというご希望は、比較的多くいただきます。
お墓には入りたくないという方や、お墓に埋葬もしてほしいけれど、海での海洋散骨も併せてしてほしい、という方など、そのケースはさまざまです。
しかし、やはり好きな海で眠りたい、というお気持ちはみなさん同じのようです。

亡くなった後に、大好きだった海へ散骨をして、静かに眠りたい…そういった思いを抱く方が、近年増えています。
日本ではまだ認知度の低い海洋散骨ですが、海外ではすでに一般的になりつつあります。

ですから、日本ではなく海外の海で散骨をしたい、という方もいらっしゃいます。

散骨についてご興味をお持ちなら、ぜひビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

骨の粉骨パウダー化による散骨

■ 骨の粉骨パウダー化による散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「お骨の粉骨パウダー化処理による散骨」についてです。

散骨を行う際には、必ずお骨の粉骨パウダー化処理を行う必要があります。
粉骨パウダー化処理を行うことで、ひとつひとつが非常に細かくなり、より自然に早くなじむようになっています。

散骨を行う方々は、故人が好きだった場所、慣れ親しんだ場所に遺灰をまいてあげたいというのはもちろん、自然に還すことで早く生まれ変わることができるとお考えになる方が多くいらっしゃいます。
海であれ山であれ、遺灰をまいた場所がきちんとわかるように、海図や地図などをお渡ししますから、お参りも正確な場所できちんと行うことができます。

最近では亡くなった後にお墓に遺骨をとどめてしまうと、生まれ変わるのに時間がかかる、と考える方が増えておられ、そういった点に関しても散骨の人気が高まっています。

ビー・アライブでは、多くの骨の粉骨パウダー化処理・散骨のご依頼を承っております。

大阪、和歌山、南紀白浜、須磨、石垣島で海洋散骨をしたいとお考えの方は、一度ビー・アライブへご相談ください。
きっとご納得いただける散骨をプロデュースさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

葬祭業者の仕事と海洋散骨

■ 葬祭業者の仕事と海洋散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「葬祭業者の仕事と海洋散骨」についてです。

近年、さまざまな葬儀の形が生まれ、葬祭業者の仕事も多様化しています。
それに伴って、葬儀の「イベント化」が懸念されるところもあります。

葬儀を一つのイベントととらえ、そして葬儀を「プロデュース」する、それが葬儀業者の仕事となってしまっています。

しかし、本来の葬祭業者の仕事は「ご遺族様が死者を弔うための支援を行う」ことではないかと思います。
家族を失くしたご遺族様の心に寄り添い、葬儀の準備がスムーズに進むようサポートする、その原点が揺らいでしまう程度にイベント化になってしまえば、
葬祭業者の本来の仕事から少し派生したもにのと広がってしまうような気がします。

海洋散骨にしても同じことです。
特に散骨という葬法はイベント性が強いため、ご遺族様の中にもそういった意識をお持ちの方が少なからずいらっしゃいます。
しかし、本来は死者を弔うための「葬法」ですから、丁重に、死を悼みながら行うことが本来の形といえるのではないでしょうか。
故人が海が好きだったから、海とともに生きてきたから…そういった故人様の人生を振り返り、海洋散骨を行うことで、故人様は安らかに眠れるのではないでしょうか。

もちろん、ビー・アライブでは、ご遺族様をサポートし、故人様を弔うための散骨を行うことが大切だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の永代供養事情と永代供養推進協会

■ 大阪の永代供養事情と永代供養推進協会 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「大阪の永代供養事情と永代供養推進協会」についてです。

永代供養とは、数世代の長期にわたってご先祖を供養することをいいます。
今は自分が先祖代々のお墓を供養しているから良くても、子どもがいないなどの事情で自分が死んだ後は供養するものがいなくなってしまう、そんな方も現代では少なくありません。東京や大阪など都心部などの中心地になるにつれ、そういった方が多くなります。
近年ではそんな方に代わって、お寺が責任を持って永代供養を行う、という方法が多く取られています。

遠い故郷のお墓を今住んでいる場所の近くで永代供養をしてくれるところに移す、ということも許可さえ取れば問題なく行うことができます。
なお、永代供養をお願いしても、散骨を行う場合もあります。

永代供養を子孫が代々行っていく、ということも近年の少子化などに伴って徐々に難しいこととなりつつあります。ですが、それに反して自分が逝去した後も永代供養をしてほしい、と考える人は多くいらっしゃいます。
もし永代供養のことでお困りの場合には、永代供養について相談を受け付けてくれる「永代供養推進協会」というものが存在します。ここでは様々な永代供養に関する悩みについてアドバイスをもらうことができ、納骨や永代供養をお願いすることもできます。
ビー・アライブでは永代供養を行いたい、という方がご相談に来るケースもあります。

「児孫のために美田を買わず」ではないですが、子供や孫に何を残すのかを考えていくと、散骨や永代供養という選択が出てくるのかもしれないですね。
自葬・散骨についてご興味がおありの方は、どうぞビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 大阪

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ