ホーム > タグ > 大阪湾

大阪湾

大阪湾での散骨ができる遺骨・散骨会社

■ 大阪湾での散骨ができる遺骨・散骨会社

ブログお読みいただきありがとうございます。散骨・散骨・自然散骨のビー・ア
ライブ、関川です。
今回は「大阪湾での散骨ができる遺骨・散骨会社」についてです。

自然葬の中でも、散骨は人気がある葬法のひとつです。
生命が誕生した海に還るのは自然なことと考える人や、海に慣れ親しんだ人、海
が好きな人など、散骨を選択される理由はさまざまです。

大阪湾でも散骨を行うことが可能ですが、たいていは大阪をはじめとする近畿地
方にお住まいの方がご希望なさることが多いようです。

ビー・アライブでも、大阪湾での散骨をサポートさせていただいています。
大阪湾、と聞くと、あまりきれいではないというイメージがある方もいらっしゃ
るかもしれませんが、沖の方まで行ってみると、意外なほどきれいな海が広がっ
ています。
また、比較的静かなのも魅力のひとつではないでしょうか。そして何より、近畿
地方にお住まいの方々にとっては、大阪湾での散骨はお参りしやすいということ
もあって人気が高いようです。

大阪湾での散骨ができる遺骨・散骨業者はいくつかあります。
ビー・アライブもその中のひとつです。

大阪湾で散骨をしたいとお考えなら、ビー・アライブへご相談ください。
自分が死んだ時に大阪湾で散骨してほしい、という方のために生前予約も承って
おりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

海が好きだった故人のために大阪湾に遺骨の一部を散骨したい

■ 海が好きだった故人のために大阪湾に遺骨の一部を散骨したい

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「海が好きだった故人のために大阪湾に遺骨の一部を散骨したい」についてです。

ビー・アライブに海洋散骨をご依頼される方の多くは、「故人が海が好きだったから」という理由でご依頼されます。
生前、釣りが好きだった、サーフィンが好きだった、など、海のアクティビティが趣味で、海と慣れ親しんでいたので…とご遺族が遺骨の一部を散骨したいとおっしゃられることが多くあります。

関西だと、大阪湾を希望される方も少なくありません。
一番身近にある海だから、故人も喜ぶだろうしご遺族様もお参りがしやすいということで、大阪湾での散骨は比較的人気があります。

お墓はお墓であるけれども、ご遺骨の一部を散骨することで、海にも遊びに行けるんじゃないか…といったふうに考えたご遺族様に、大阪湾で散骨したいとご依頼を受けたこともあります。

ビー・アライブでは、ご遺族様からのご依頼の他に、ご本人からの生前予約も受け付けております。
自分が慣れ親しんだ海、愛する海で散骨をしてほしいとお考えなら、ビー・アライブへ生前予約をされてはいかがでしょうか。
生前予約なら、ご自分の散骨セレモニーをご自分でプロデュースすることができます。

また、故人様からの遺言などで大阪湾に遺骨の一部を散骨をしたいというご遺族様からのご依頼も承りますので、ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪湾での散骨と供養の方法

■ 大阪湾での散骨と供養の方法 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「大阪湾での散骨と供養の方法」についてです。

ビー・アライブでは、大阪湾での散骨についてもお手伝いさせていただいております。

散骨では、供養としてさまざまな方法を用いることができます。
例えば、好きなアーティストの曲を流しながらだとか、また散骨の前にお坊さんを呼んでお経を読んでもらうことも可能です。

故人の供養の方法については、さまざまなものが存在します。
例えばお墓や納骨堂、納骨ロッカー、合祀墓地、手元供養など。散骨はこれらの供養とはちょっと違った雰囲気を持つ葬法であり、独特な葬法といえます。
また、日本の散骨と海外の散骨の供養でもそれぞれに違いがあります。とはいえ、故人を悼む、という意味ではどの葬法も共通していますよね。

日本では散骨はまだまだ知られていない葬法ですが、徐々に人気が高まっている葬法でもあります。
特に、海洋散骨は人気があり、生命が生まれた海に還りたい、という思いがある人が多いようです。
そのせいか、「なぜか海が好き」という人も多く、そういった人たちに海洋散骨を希望される方が多くいらっしゃいます。
自分の好きな海で静かに眠りたい…そんな思いがあるのかもしれません。

関西圏・関東圏で海洋散骨をしたい、海洋散骨に興味がある、そんな時にはビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00
────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水溶性の袋と大阪湾での散骨

■ 水溶性の袋と大阪湾での散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「水溶性の袋と大阪湾での散骨」についてです。

散骨を行う際、ご遺灰を袋に入れて散骨することが多いですが、その時には水溶性の袋を使用します。
ですから、実際は撒くというよりも投げ入れる、というイメージに近いかもしれません。

水溶性の袋に包まれたご遺灰は、海に入るとすぐに溶け始め、そこからご遺灰が海に散らばっていくんです。

水溶性の袋を使って散骨を行うことで、海に入る前にご遺灰が風に流されたりすることなく散骨ができます。
大阪湾での散骨を行う際などは、近くに人が働く場所や家などが多いため、ご遺骨が風で流されたりしないよう水溶性の袋を使います。

もちろん、他の海で散骨をする場合もこの水溶性の袋を使うことがほとんどです。
これは、風でご遺灰が広範囲に飛ばされてしまうことを防ぐためです。
散骨が広範囲にわたってしまうと、許可が下りないのはもちろん、ご遺族がお参りをする時に場所を特定しづらくなる、ということがあります。
ですから、一つの場所にきちんと散骨することができるよう、水溶性の袋に入れて海に散骨する、という形をとっています。

海での散骨、海洋散骨をご希望の場合は、ビー・アライブへご相談ください。
ビー・アライブでは、神戸須磨沖、大阪湾、南紀白浜、和歌山、石垣島などでの海洋散骨をお手伝いいたしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00
────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビートルズのジョージ・ハリスンと海洋散骨

■ ビートルズのジョージ・ハリスンと海洋散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「ビートルズのジョージ・ハリスンと海洋散骨」についてです。

元ビートルズの最年少メンバーだったジョージ・ハリスン、彼も死後に散骨を行っています。
ビートルズが解散した後もソロで活躍したミュージシャンですから、ほとんどの方がご存じなくらい有名な人ですね。

ジョージ・ハリスンは、晩年肺がんと脳腫瘍を患い、2001年に逝去しました。
ジョージ・ハリスンの「ガンジス河に遺灰を散骨してほしい」という意思は生前に遺族に伝えられており、死後ロサンゼルスで火葬されたのち、ガンジス河への散骨が実行されました。
また、遺灰の一部は聖地アラハバード(ガンジス河とヤムナ河が交わる部分)にも散骨されました。

死の3か月前にもインドを訪れ、ガンジス河で沐浴を行ったそうです。
インドに深い愛情を持っていた彼は、死後はガンジス河で眠りたいと考えたのでしょう。

このジョージ・ハリスンの散骨も、世界中に「散骨」という葬法が広まる大きなきっかけとなりました。
そして世界的に散骨が知られるようになり、実際に散骨を行う人も大きく増えました。

また、自分がもし死んだら、その時に散骨をしたいと考えるようになったという人もきっと増えたことでしょう。

散骨を行うことで、自分の大好きな場所で眠ることができる、というのが散骨の最大の良さではないでしょうか。
自然葬・散骨についてご興味がおありの方は、どうぞビー・アライブへご相談ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 大阪湾

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ