ホーム > タグ > 永代供養

永代供養

永代供養

●永代供養

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。

永代供養とは、後継者がおらず墓守ができない人に代わり、寺院や墓園業者が永代にわたって供養と管理を行うことをいいます。ですが、実際には10回忌、30回忌や50回忌までといった内規があることが多いようです。内規の期間が終了した後は、合祀墓に合祀されることがほとんどですので、管理規約や加入規約をよく確認することが不可欠と言えます。

お墓の後継者が改宗などで檀家を辞めるなどして信仰を離れた場合、永代供養の契約が破棄されることが定められていることも多いので気を付けた方が良いでしょう。寺院の廃寺や霊園の倒産によって墓が消滅してしまう可能性もゼロでは無く、その場合「永代」が保証できないことも念頭においておく必要があります。

永代供養の起源は、江戸時代に檀家の減少による収入減を補う目的で僧侶が発案したビジネスの手法です。本来は毎月の命日に小額ずつ受け取っていたお布施をまとめて集金するという、当時としては画期的なシステムでした。核家族化・晩婚化・少子化が進む現代においては、先々に対する不安から納骨堂の生前予約をされる人が増えてきています。後継者がいないことから、死後の供養ができないため、永代供養を約束してくれる寺院や業者に、遺骨や位牌の管理を任せるのです。

年間に数万人規模で無縁死する方がいると言われる無縁社会において、永代供養はビジネスとしても活況を帯びてきています。なんだか悲しい現実のような気もしますが、時代の移り変わりといえば、移り変わりなんですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ                                          取得資格:1級葬祭ディレクター フリーダイヤル                                        0120-417-352 電話受付 8:00~18:00                                  ────────────────────────────                                           大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                                     東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の永代供養事情と永代供養推進協会

■ 大阪の永代供養事情と永代供養推進協会 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「大阪の永代供養事情と永代供養推進協会」についてです。

永代供養とは、数世代の長期にわたってご先祖を供養することをいいます。
今は自分が先祖代々のお墓を供養しているから良くても、子どもがいないなどの事情で自分が死んだ後は供養するものがいなくなってしまう、そんな方も現代では少なくありません。東京や大阪など都心部などの中心地になるにつれ、そういった方が多くなります。
近年ではそんな方に代わって、お寺が責任を持って永代供養を行う、という方法が多く取られています。

遠い故郷のお墓を今住んでいる場所の近くで永代供養をしてくれるところに移す、ということも許可さえ取れば問題なく行うことができます。
なお、永代供養をお願いしても、散骨を行う場合もあります。

永代供養を子孫が代々行っていく、ということも近年の少子化などに伴って徐々に難しいこととなりつつあります。ですが、それに反して自分が逝去した後も永代供養をしてほしい、と考える人は多くいらっしゃいます。
もし永代供養のことでお困りの場合には、永代供養について相談を受け付けてくれる「永代供養推進協会」というものが存在します。ここでは様々な永代供養に関する悩みについてアドバイスをもらうことができ、納骨や永代供養をお願いすることもできます。
ビー・アライブでは永代供養を行いたい、という方がご相談に来るケースもあります。

「児孫のために美田を買わず」ではないですが、子供や孫に何を残すのかを考えていくと、散骨や永代供養という選択が出てくるのかもしれないですね。
自葬・散骨についてご興味がおありの方は、どうぞビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

永代供養墓と言う選択と散骨

■ 永代供養墓と言う選択と散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「永代供養墓と言う選択と散骨」についてです。

散骨・自然葬のビーアライブでは海洋散骨をご紹介していますが、実際にはお墓を準備しているけれども散骨を行う、というケースがあります。

一概にお墓といっても、多種多様の種類があります。もちろんその選び方で価格も変わってきます。お墓のタイプで言うと、子孫に継承することを前提とする永代使用墓、子孫の代わりに墓地の経営者が供養や管理を行う永代供養墓、ご遺骨を共同で祀る「合葬墓」「合祀墓」などがあります。
また最近では、ご遺骨を自宅に安置したいという場合に「手元供養」もありますし、ご遺骨をジュエリー等に加工して身につける事も可能です。

その他、墓の形式には墓石を立てる「墓タイプ」もあれば、ロッカー式で骨壷を収納する「納骨堂タイプ」もあります。
さらに、墓地の運営については公営や民営、寺院などに分かれており、場所や石の選び方などであったりデザインなどによっても異なってきます。

様々な選択肢がありますが、お墓に何を求めるのか、という点をしっかり考慮する必要があるわけです。
子孫に墓守をお願いすることは負担になる・・という原点の発想に散骨をおすすめする理由はあります、子供、そのまた子供に対して一体何を残すことができるのか。最近では直葬・家族葬という形のお別れ会のような形で行う葬儀も増えてきています。

こういった形も現在の流れかと思います。一度ご考慮されてはいかがでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

都心部のお墓代と散骨事情

■ 都心部のお墓代と散骨事情 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「都心部のお墓代と散骨事情」についてです。日本仏事ネットによる調査では、都心部のお墓代について以下のようなデータがでてます。

●墓地と墓石の総額(万円)

・東京23区 305万円
・東京郊外 215万円
・横浜川崎 264万円
・大阪市内 270万円

だそうです。またこの中には管理費用を含んでいませんので年間の管理にかかる費用も考慮する必要があります。

都市部では200万〜300万くらいの費用がかかる、というのが相場感で見て取れます。
もちろんコスト重視で考えることが最もいいこととも限らないですが、永代使用でお墓を立てると費用が墓石工事費含めても初期費用総額では結構な費用がかかるわけです。
永代供養墓、納骨堂のタイプを選べば永代使用権や墓石工事費用が入ってこない分費用は下げることは可能になります。

永代供養墓を選択する、というのも、散骨を選ぶという選択も全て自己決定ですが、実際の費用を想定して見ればちょっと高いかな・・と感じるのが普通ではないでしょうか。
散骨をおすすめする事情もこのような現在の事情から考慮したところでのご提案内容なのです。

散骨・海洋散骨に関してはビー・アライブまずはご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────

 

Home > タグ > 永代供養

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ