ホーム > タグ > 火葬 義務化

火葬 義務化

万葉集に見る日本の海洋散骨の歴史

■ 万葉集に見る日本の海洋散骨の歴史

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「万葉集に見る日本の海洋散骨の歴史」についてです。

最近の日本では、海洋散骨が広く知られるようになり、自分の死後には海洋散骨をしてほしいとご家族に遺言されている方や、ご自分で生前予約される方が増えてきています。しかし、日本での海洋散骨については、古くは万葉集に掲載されているんです。

日本でまだ、火葬が義務化されていないころには、海洋散骨を行うことが可能でした。

そしてそんな時代に、お墓ではなくて海に遺灰をまいてほしいと考える方も多くいたようです。
また、現在のように許可を必要としなかったため、非常に自由に遺灰をまいていたと考えられます。

このころから、海洋散骨は行われていましたが、今では海洋散骨を行う場所について国の許可をうけなければならなくなりました。
というのも、好きな場所に好きなように散骨してしまっては、海の沿岸部にお住まいの方々に迷惑がかかったり、海を利用する方々にさまざまな影響を与えてしまうからです。
ですから、海洋散骨を行うにも、きちんとルールやマナーが存在するわけです。

海洋散骨は万葉集の頃からある葬法とはいえ、火葬が義務化されてからは、逆に海洋散骨は日本人の生活から離れていってしまいました。

海洋散骨について検討したい、興味があるという方は、ビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 火葬 義務化

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ