ホーム > タグ > 生前予約

生前予約

永代供養

●永代供養

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。

永代供養とは、後継者がおらず墓守ができない人に代わり、寺院や墓園業者が永代にわたって供養と管理を行うことをいいます。ですが、実際には10回忌、30回忌や50回忌までといった内規があることが多いようです。内規の期間が終了した後は、合祀墓に合祀されることがほとんどですので、管理規約や加入規約をよく確認することが不可欠と言えます。

お墓の後継者が改宗などで檀家を辞めるなどして信仰を離れた場合、永代供養の契約が破棄されることが定められていることも多いので気を付けた方が良いでしょう。寺院の廃寺や霊園の倒産によって墓が消滅してしまう可能性もゼロでは無く、その場合「永代」が保証できないことも念頭においておく必要があります。

永代供養の起源は、江戸時代に檀家の減少による収入減を補う目的で僧侶が発案したビジネスの手法です。本来は毎月の命日に小額ずつ受け取っていたお布施をまとめて集金するという、当時としては画期的なシステムでした。核家族化・晩婚化・少子化が進む現代においては、先々に対する不安から納骨堂の生前予約をされる人が増えてきています。後継者がいないことから、死後の供養ができないため、永代供養を約束してくれる寺院や業者に、遺骨や位牌の管理を任せるのです。

年間に数万人規模で無縁死する方がいると言われる無縁社会において、永代供養はビジネスとしても活況を帯びてきています。なんだか悲しい現実のような気もしますが、時代の移り変わりといえば、移り変わりなんですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ                                          取得資格:1級葬祭ディレクター フリーダイヤル                                        0120-417-352 電話受付 8:00~18:00                                  ────────────────────────────                                           大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                                     東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

延命治療を望まない方の散骨・海洋葬の生前予約

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨の
ビー・アライブ、関川です。
今回は「延命治療を望まない方の散骨・海洋葬の生前予約」についてです。

余命宣告をされ、命に制限を付けられてしまった方々の考え方はいろいろです。
中でも延命治療を望まない方は、自分が生きている間に、自分が死んだ時のご準備をされる方が多くいらっしゃいます。
葬法をご自分で選択されるという方もいらっしゃり、散骨・海洋葬をしたいという方からビー・アライブへ生前予約をいただくことも少なくありま せん。

お墓に入りたくない、お墓に縛り付けられるようで嫌だ、といった思いをお持ちの方は、散骨・海洋葬をお選びになることが多いようです。
ビー・アライブでは、大阪、和歌山、南紀白浜、須磨、石垣島などで散骨・海洋葬のサポートをさせていただいています。
どの場所でも、穏やかで静かな美しい海での散骨・海洋葬を行うことができます。
ご自宅から近い海、思い出がある海など、場所の選択は人によってさまざまですが、どの海でも、ご満足いただける散骨・海洋葬ができるようお手 伝いさせていただきます。

延命治療を望まない方の散骨・海洋葬の生前予約については、ビー・アライブへご相談ください。
ビー・アライブでは、きっとご納得いただける散骨・海洋葬のプランをご提案させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実家の神戸で散骨したい方の生前予約

■ 実家の神戸で散骨したい方の生前予約

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「実家の神戸で散骨したい方の生前予約」についてです。

今は違う場所で住んでいるけれど、自分が死んだ時には、実家の神戸で散骨したい、そんな思いをお持ちの方に、ビー・アライブへ生前予約をいただくことがあります。

人生において、人はさまざまな場所で暮らすことになります。
もちろん、自分が生まれ育った土地で一生を終える方もいらっしゃいますが、就職やご結婚などで住みなれた土地を離れて、まったく違ったところで生活を送る方もいらっしゃいます。

けれども、生きているうちはいいけれど、亡くなった時にはやはり生まれ育った土地に帰りたいと考える方も少なくありません。

ビー・アライブでは、そんな方の神戸での散骨をお手伝いさせていただいています。
神戸須磨冲での海洋散骨などは、比較的人気があり、多くの方に生前予約をいただいています。
神戸で生まれ育った方々には、須磨という海に慣れ親しんでいる人も多く、「実家から近いから」という理由で神戸須磨沖での海洋散骨をお選びになる方が多くいらっしゃいます。

ビー・アライブでは、生前予約を承っておりますので、ご自分が亡くなった時のご準備を、ご自分で行うことができます。
実家の神戸で散骨したいなど、ご自分の好きな場所での散骨をお考えの方は、ビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

万葉集に見る日本の海洋散骨の歴史

■ 万葉集に見る日本の海洋散骨の歴史

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「万葉集に見る日本の海洋散骨の歴史」についてです。

最近の日本では、海洋散骨が広く知られるようになり、自分の死後には海洋散骨をしてほしいとご家族に遺言されている方や、ご自分で生前予約される方が増えてきています。しかし、日本での海洋散骨については、古くは万葉集に掲載されているんです。

日本でまだ、火葬が義務化されていないころには、海洋散骨を行うことが可能でした。

そしてそんな時代に、お墓ではなくて海に遺灰をまいてほしいと考える方も多くいたようです。
また、現在のように許可を必要としなかったため、非常に自由に遺灰をまいていたと考えられます。

このころから、海洋散骨は行われていましたが、今では海洋散骨を行う場所について国の許可をうけなければならなくなりました。
というのも、好きな場所に好きなように散骨してしまっては、海の沿岸部にお住まいの方々に迷惑がかかったり、海を利用する方々にさまざまな影響を与えてしまうからです。
ですから、海洋散骨を行うにも、きちんとルールやマナーが存在するわけです。

海洋散骨は万葉集の頃からある葬法とはいえ、火葬が義務化されてからは、逆に海洋散骨は日本人の生活から離れていってしまいました。

海洋散骨について検討したい、興味があるという方は、ビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遺骨は海にまいてほしいという故人の遺志と海洋散骨葬

■  遺骨は海にまいてほしいという故人の遺志と海洋散骨葬

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「遺骨は海にまいてほしいという故人の遺志と海洋散骨葬」についてです。

近年、ご自分が死んだあとで、葬法をどうするかということを生前からお考えになる方が増えてきています。
それは、ご自分が死ぬ時、死んだ時の準備をすることを意味する「終活」という言葉が生まれたりすることから考えてもご理解いただけるのではないでしょうか。

たいていの方は、ご自分が死んだ後のことをご家族に遺言するという形でご準備されるようです。
しかし中には、生前予約するなどしてすべてご自分で準備をされる方もいらっしゃいます。
ご遺族は、遺言や生前に故人様が準備した内容に沿って、故人様を送り出せばよい、ということになり、ご遺族様の手間を軽くできるというわけです。

海洋散骨をご希望される方の中にも、遺骨は海にまいてほしいという故人様の遺志を尊重して海洋散骨をされる、という方が多くいらっしゃいます。
故人様がお墓に入りたくない、海が好きだからといった理由で、生前に海洋散骨にしてほしいとご遺族様に遺言していた、という場合が多く、それに従ってご遺族様の手で海洋散骨をされています。

ビー・アライブでは、故人様の遺言で、海洋散骨を希望していた場合のご遺族様へのサポート、海洋散骨セレモニーを承っております。
また生前予約も可能ですので、元気なうちに自分の葬法を自分でプロデュースしたい、という場合も、ビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遺骨の自宅での保管と散骨と墓地・埋葬等に関する法律

■ 遺骨の自宅での保管と散骨と墓地・埋葬等に関する法律

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「遺骨の自宅での保管と散骨と墓地・埋葬等に関する法律」についてです。

日本では、墓地・埋葬等に関する法律が定められています。
この法律には、故人様の遺骨を自宅で保管することについては特に定められておらず、正式な手続きを経て火葬を行った場合であれば、遺骨を自宅で保管することも可能なんです。
この方法は「手元供養」といわれ、最近では徐々にこの方法を選択される方も増えてきています。

散骨もこの手元供養と同様、墓地・埋葬等に関する法律では特に定められていません。

ですから、散骨も様々な手続きが必要ではありますが、ある程度自由に行うことができるんです。

自分が死んだあとにお墓に入れないでほしいと希望する方は年々増えています。
火葬をされた後、当たり前のようにお墓にいれられるのはいやだ、自分の埋葬方法くらいきちんと決めておきたい、
という方が、散骨の生前予約をしたり、ご家族に埋葬の希望を伝えるということも多くなっているようです。

ビー・アライブでも、生前予約をいただくこともありますし、またご遺族様から「生前に散骨をしてほしいと言っていたので…」とお伝えいただくこともあります。
海外では、自分の埋葬方法を自分で決めるのはもはや当たり前ですが、日本でも、少しずつ埋葬の自由が広がっています。

散骨についてご興味をお持ちなら、ぜひビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無縁墓と和歌山県での自然散骨

■ 無縁墓と和歌山県での自然散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「無縁墓と和歌山県での自然散骨」についてです。

どこの誰なのかわからない、身元不明の方や親族がいない方などは、無縁仏としてお墓に埋葬されます。
無縁墓ですから、誰もお参りに来ることもなく、故人様は亡くなってからも寂しい思いをすることになります。

そうなるのなら、自然散骨で自由に眠りたい、とお考えの方が、自然散骨を生前予約される方がいらっしゃいます。
親族もいない、自分を埋葬してくれる人がいないということで、弁護士などに自分が死んだ後のことを依頼し、その時に自然散骨の意思を伝えていらっしゃる方もおられます。

以前、ビー・アライブでお手伝いさせていただいた散骨で、和歌山県での自然散骨をお望みの方の散骨がありました。
故人様は和歌山県出身で、和歌山の海で散骨を行ってほしい、というのがご本人のご希望でした。

ご遺族様はいらっしゃいませんから、故人様のご遺志を聞いていらっしゃった弁護士さんからも話をお聞きして、和歌山の海に故人様のご遺灰を散骨させていただきました。
故人様は本当に和歌山の海を愛しておられ、生前もよく和歌山の海に訪れていたのだと、弁護士さんはおっしゃっていました。

無縁墓に入って誰からも忘れ去られてしまうよりも、自由に眠れる海を選択する人が増えています。
散骨のご相談はビー・アライブにお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

埋葬・火葬許可証と自然・海洋散骨

■ 埋葬・火葬許可証と自然・海洋散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「埋葬・火葬許可証と自然・海洋散骨」についてです。

日本では、人が亡くなったら基本的には火葬され、お墓に埋葬されます。
その時に、埋葬許可証というものが交付され、それによってご遺骨を埋葬することができます。

火葬許可証は、埋葬方法に関わらず、ご遺体を火葬する場合に、また埋葬許可証は埋葬の際に必ず必要になるものです。
ご遺骨をお墓に埋葬せず、自然・海洋散骨を行う場合でも、埋葬許可証が必要になります。

自然・海洋散骨の場合、まずご遺体を火葬し、ご遺骨を粉末状(ご遺灰)にして、それを撒くという葬法です。
自然・海洋散骨は、埋葬許可証以外に特定の場所にご遺灰を撒いてもよいという許可がなければ散骨することができません。
逆にいえば、許可さえ下りればどこでも自由に散骨することができるということなんです。

自然・海洋散骨を選択される方は、自分の慣れ親しんだ故郷の海に、また大好きな海で眠りたい、暗いイメージしかないお墓には入りたくない、などの理由をお持ちです。
生前にご自分でご予約をなさる方もいらっしゃいますし、ご遺族様に生前に自然・海洋散骨のご意向を伝えている場合もあります。

今は、自分が死んだ時、どういった葬法で送り出してもらいたいか、どんな場所で眠りたいか…そういったことを自分で決められる時代なんですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

散骨の生前予約と遺言書に関する法律

■ 散骨の生前予約と遺言書に関する法律

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「散骨の生前予約と遺言書に関する法律」についてです。

よくあるご質問に、「生前予約は可能ですか?」とのご質問がありますが、生前予約は可能です。
ビー・アライブからお客様の死亡を確認することはできませんので、あらかじめ遺言書や遺言ノートなどを利用して、生前の遺志を残されることがベターだと思います。

遺言書については、民法の定める方式による様式行為ですので、書き方については、インターネットで調べる、
弁護士にご相談されるなどが望ましいです。ちなみに葬法については、相続人の間で合意がなされない場合、
相続人を拘束する効力はないと解されるようです。

したがって、故人の遺志を示す程度のものでしかありませんので、生前に散骨のご意向を周囲にお伝えしておいた方が、
より望ましいでしょう。

自身やご家族にとって、散骨が気持ちの良い思い出となるよう。生前からご配慮されることが好ましいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

死後の世界の生前契約と生前予約

■ 死後の世界の生前契約と生前予約

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「死後の世界の生前契約と生前予約」についてです。

アメリカなどでは、自分の葬儀を生前に契約しておくことができるシステムがあります。

日本でも、最近ではこの生前の予約システムが広がりつつあります。
しかし、日本の場合にこのシステムを「生前契約」というのか「生前予約」というのかいずれにするべきか、という論争が起こっています。

生前契約とする場合、生きているうちに葬儀社などとの間で葬儀を契約し、自分が死亡した時、その効力が発生する契約制度とする向きがあります。
一方、生前予約とする場合、契約と比べてより気軽なもの、という認識が定着しつつあります。
そのため、本来の生前予約の概念にそぐわない内容のものが乱立するようになってきた、という問題も抱えてしまうことになりました。

本来は内容にさほどの違いはなかったものが、いわば言葉が独り歩きしてしまった…という状況にあるのが、昨今の「生前契約」と「生前予約」なんです。

生きているうちに自分の葬儀を自分でプロデュースしたい、という方も最近では増えてきています。
自分の葬儀について生前に葬儀社などに依頼しておきたい、という場合には、「生前契約」をするのか「生前予約」をするのか、
その内容についてしっかりと比較検討する必要がありますね。もちろんご遺族様のとの関連も大事です。

自分の死後をどのように考えるのか、本当に難しいところですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 生前予約

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ