ホーム > タグ > 直葬

直葬

遺骨の郵送

●遺骨の郵送

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。

遺骨を郵送して、墓地や寺院に納骨するというサービスが広がりつつあるようです。これも時代の流れでしょうか。散骨をおこなっている会社では、郵送でお骨を送ってもらって、粉骨(お骨をそのまま海にまくわけにはいかないので、パウダー化状態にします。)したり、委託散骨(自分で海に散骨するのではなく、業者に委託して散骨してもらいます。)でお骨を郵送したりはありました。今は、ご寺院や霊園などの墓地に直接郵送して、納骨してもらったり、永代供養をしてもらったりといったサービスが登場して、結構依頼があるそうです。

ちなみに、この郵送サービスですが、郵便局のゆうパックは対応しているのですが、クロネコヤマトや佐川急便などでは対応していません。紛失した場合に責任などとれないといったことが理由のようです。市場規模が広がれば、クロネコヤマトや佐川急便も参入してくるかもしれませんが。

遺骨を自分の手で埋葬したいという思いがなくなっているのだとしたら、ちょっと世知辛い話ですね。お葬式が、家族葬や直葬などのように簡略化の傾向にありますが、こういうことの簡略化はどうなんでしょうか。ちなみに私は、委託散骨なんかは心情的に受け付けないですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ                                          取得資格:1級葬祭ディレクター フリーダイヤル                                        0120-417-352 電話受付 8:00~18:00                                  ────────────────────────────                                           大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                                     東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゼロ死

●ゼロ死

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。

皆さん「ゼロ死」というものをご存知でしょうか。新たな終活として少しづつ話題になっています。「ゼロ死」とは葬式をあげない「ゼロ葬式」と、遺骨を残さず墓をもたない「ゼロ墓」を合わせた考え方です。

「ゼロ葬式」は通夜・告別式を行わない直葬という形で行われます。行われるのは火葬のみ。費用は葬儀一式(棺・骨壺など)に実費(運送代など)をくわえて10万円~25万円程度が多いようです。また生前葬や偲ぶ会を行う人も増えているそうです。こういった考えは、自分の葬式にお金をかけるよりも、遺された人にお金を残しておきたいといったことからも来ているようです。しかし、故人の遺志で葬式を行わなかったとしても、葬式をなぜあげないんだと親族との間でもめることがあるようなので、そこは注意が必要です。

「ゼロ墓」ですが、火葬した後のお骨は散骨するのが一般的です。一番広まっているのが海洋散骨。費用は5万円~40万円程度。委託散骨(業者にお任せで散骨してもらう)、合同散骨(何組か一緒に散骨する)散骨(一艘チャーターして散骨する)などによって費用は変わってきます。この場合もなぜお墓を建てないんだと親族ともめる場合があるので注意が必要です。

ゼロ死というのはまだまだ新しい動きですが、葬儀会社が施工するうちではすでに20%近くがそういう形になっているようです。とはいえ世間的にはまだまだ認知されていません。後々もめないようにだけはしておかないといけませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ                                          取得資格:1級葬祭ディレクター フリーダイヤル                                        0120-417-352 電話受付 8:00~18:00                                  ────────────────────────────                                           大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                                     東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

直葬と委託散骨

●直葬と委託散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。

皆さん、直葬という言葉をご存じでしょうか?火葬式とも言いますが、通夜、告別式等を行わず、遺体を直接火葬場に持っていき、そのままそこでお別れをして、終わりといったスタイルですね。死後24時間は火葬は行えませんので、遺体の安置、お棺の手配、霊柩車等の手配、そういったことは葬祭業者様にお任せしなければなりませんが、経済的には1番いい方法ではないでしょうか。

通夜・告別式も行わないなんて、死者への思いに欠けているといった批判もあるでしょうが、故人様の偲び方は人それぞれです。故人様自身が、遺されたご遺族様の負担を考えて望む場合もあるでしょう。

さらにお墓を持っておられない方の場合、直葬を行った後に、委託海洋散骨(故人様の遺骨を、ご遺族様が直接散骨されるのではなく、業者に遺骨を送り、何柱かのご遺骨が集まった時点で船をだし、業者の方が代理で散骨するといった方法。)を行われると、経済的には1番負担にならない葬送となります。全部含めても30万前後といったところでしょうか。

経済的なことが葬送のすべてではないですが、宗教観・価値観の変化によってこういったことも、多くの方が取り入れられるようになってきました。

皆さん生きておられるうちに、こういった準備をして、ご家族に説明されておくのもいいのではないでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ                                          取得資格:1級葬祭ディレクター フリーダイヤル                                        0120-417-352 電話受付 8:00~18:00                                  ────────────────────────────                                           大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                                     東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

人生いろいろ

●人生いろいろ

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。

島倉千代子さんがお亡くなりなられましたね。「人生いろいろ」大ヒットしたこの曲と同じように、波瀾万丈な人生を歩まれた歌手でしたね。謹んでご冥福をお祈りいたします。

近頃、「終活」というものがよく聞かれるようになりました。エンディングノートや、お棺へ入る体験など催しも行われていますね。自分が亡くなった後の葬儀についても考えておかれる方が増えましたね。葬儀の形も、昔ながらの葬式より、家族葬や直葬などを取り入れられる方が多くなっていますね。先日お亡くなりになった、川上哲治さんも近親者のみで葬儀を行った後に、死亡の発表となりました。最近お亡くなりになった有名人の方は、そういったケースが多いですね。昔のような盛大なお葬式ってみなくなりましたね。時代の変遷を感じますね。

海洋散骨に樹木葬、宇宙葬など埋葬の方法も多岐になってきました。これから先もっと増えていくのでしょうか。「散骨もいろいろ」という時代がやってくるのかもしれません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ                                          取得資格:1級葬祭ディレクター フリーダイヤル                                        0120-417-352 電話受付 8:00~18:00                                  ────────────────────────────                                           大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                                     東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

お葬式の簡略化と散骨

■ お葬式の簡略化と散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「お葬式の簡略化と散骨」についてです。

近年のお葬式は、昔と比べてずいぶんと簡略化されてきました。
まず、告別式よりもお通夜に弔問する参列者が増え、告別式の方がこじんまりとしてしまう、ということがあり、ご遺族様の中には「1日だけで葬儀を済ませたい」という方も増えてきています。
そんなニーズに答え、お通夜と告別式を1日で行ってしまう「1日葬」も登場しました。また直葬とも言われます。

これは、葬儀で初七日までを済ませ、その後出棺して火葬するというもの。
といっても、初七日までを葬儀当日に済ませるということは、最近では通常の葬儀でも一般的に行われています。

また、昔は亡くなった方のご遺体は、自宅安置されていましたが、現在では斎場の安置所に安置されることが多くなりました。
これによって枕飾りや枕経が省略されることにつながっています。

こういったお葬式の簡略化に伴って、散骨も簡略化されることが多くなってきました。

本来はご遺族様のお気持ちに寄り添い、悲しみがいえるのをゆっくり待つ、ということでかつてはお葬式をゆっくりと行うことが普通でした。
しかし、最近ではむしろご遺族様の希望により簡略化するということが多くなっています。

一概に簡略化することが良いとは言えないでしょうが、時代の流れによってニーズも変化している、ということなのでしょうか。
散骨も以前は日本では行っていない葬送の形でした、時代の流れの変化なのでしょう。散骨のご相談はビーアライブにお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自然葬と水葬と散骨

■ 自然葬と水葬と散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「自然葬と水葬と散骨」についてです。

水葬という葬法がありますが、海洋散骨と混同されることが多いようです。
水葬と散骨では、大きな違いがあります。

水葬は遺体をそのまま海や川に流して沈める、という葬法です。
散骨は遺骨をパウダー化して撒くという葬法で、この点が違います。といっても自然に還すという意味では共に自然葬といえるのですが。

水葬は、日本では法律で禁止されているので行うことはできません。
ですが、例えば船舶航海中や自衛隊などでは、いくつかの条件はありますが、状況に応じて水葬を行うことができます。

海外では水葬も一般的な国があり、例えばインドでは、聖なる川といわれるガンジス川へのヒンドゥー教徒による水葬が行われています。
散骨は特に、ブータン・中国などではごく一般的に行われているようです。

世界的に見て、散骨は、水葬よりもより一般的な葬法です。
遺体を火葬し、その後遺骨を粉末状にして好きな場所に撒くという葬法なわけですが、故人が好きだった場所に撒くことができるため、遺言を残して散骨を行う人が多いですね。
といっても、散骨した場所の近所や、河川の下流に人が住んでいると、苦情等問題が起こることもありますから、散骨する場合には十分な注意が必要です。
もし、自分が死んだら散骨してほしい、とお考えの方は、散骨する場所を十分に調査しておく必要があります。

ビーアライブでは須磨・大阪湾、南紀白浜、沖縄石垣島で散骨を行っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

火葬後のお骨上げと遺骨遺棄罪と散骨

■ 火葬後のお骨上げと遺骨遺棄罪と散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「火葬後のお骨上げと遺骨遺棄罪と散骨」についてです。

火葬した後のお骨上げですが、一部少量の遺骨を拾われ、残りは火葬場(斎場)に処理を委ねられる方がたくさんおられます。
これは関西での骨上げですが、関東では大半を拾うものの少量は露台に乗っています。

大半にしろ少量にしろ、遺骨が処理されている事に違いはありません。

また火葬場(斎場)に処理を委ねられたご遺骨に関しては、産業廃棄物として正当に処理されています。
同じ遺灰としても、ご遺族様が持っているものはご遺骨、そして残ったものについては産業廃棄物と認定されて、ご遺骨にはならないとされているのです。

このように考えれば、お骨をどのようにするのかは、非常にデリケートな問題であると同時に、
その行政上の処理としては大きな矛盾を抱える事になります。

そうすると葬送のひとつの方法として、
節度を守れば散骨も当然認められるべきですし、また自然葬自体なんら何も反する事がないと言えるのです。

そういった様々な問題が解決できた時、自然葬がもっと知名度があがり社会的な認識を受ける、ひとつのきっかけになるでしょう。
デリケートな問題だからこそ、社会的な認識というものが必要になってくると感じるのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

永代供養墓と言う選択と散骨

■ 永代供養墓と言う選択と散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「永代供養墓と言う選択と散骨」についてです。

散骨・自然葬のビーアライブでは海洋散骨をご紹介していますが、実際にはお墓を準備しているけれども散骨を行う、というケースがあります。

一概にお墓といっても、多種多様の種類があります。もちろんその選び方で価格も変わってきます。お墓のタイプで言うと、子孫に継承することを前提とする永代使用墓、子孫の代わりに墓地の経営者が供養や管理を行う永代供養墓、ご遺骨を共同で祀る「合葬墓」「合祀墓」などがあります。
また最近では、ご遺骨を自宅に安置したいという場合に「手元供養」もありますし、ご遺骨をジュエリー等に加工して身につける事も可能です。

その他、墓の形式には墓石を立てる「墓タイプ」もあれば、ロッカー式で骨壷を収納する「納骨堂タイプ」もあります。
さらに、墓地の運営については公営や民営、寺院などに分かれており、場所や石の選び方などであったりデザインなどによっても異なってきます。

様々な選択肢がありますが、お墓に何を求めるのか、という点をしっかり考慮する必要があるわけです。
子孫に墓守をお願いすることは負担になる・・という原点の発想に散骨をおすすめする理由はあります、子供、そのまた子供に対して一体何を残すことができるのか。最近では直葬・家族葬という形のお別れ会のような形で行う葬儀も増えてきています。

こういった形も現在の流れかと思います。一度ご考慮されてはいかがでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

都心部のお墓代と散骨事情

■ 都心部のお墓代と散骨事情 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「都心部のお墓代と散骨事情」についてです。日本仏事ネットによる調査では、都心部のお墓代について以下のようなデータがでてます。

●墓地と墓石の総額(万円)

・東京23区 305万円
・東京郊外 215万円
・横浜川崎 264万円
・大阪市内 270万円

だそうです。またこの中には管理費用を含んでいませんので年間の管理にかかる費用も考慮する必要があります。

都市部では200万〜300万くらいの費用がかかる、というのが相場感で見て取れます。
もちろんコスト重視で考えることが最もいいこととも限らないですが、永代使用でお墓を立てると費用が墓石工事費含めても初期費用総額では結構な費用がかかるわけです。
永代供養墓、納骨堂のタイプを選べば永代使用権や墓石工事費用が入ってこない分費用は下げることは可能になります。

永代供養墓を選択する、というのも、散骨を選ぶという選択も全て自己決定ですが、実際の費用を想定して見ればちょっと高いかな・・と感じるのが普通ではないでしょうか。
散骨をおすすめする事情もこのような現在の事情から考慮したところでのご提案内容なのです。

散骨・海洋散骨に関してはビー・アライブまずはご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────

 

Home > タグ > 直葬

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ