ホーム > タグ > 葬法

葬法

団塊世代とお墓

●団塊世代とお墓

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。

これからの都市部においては、田舎から出てきた方々がお亡くなりになり、お墓をどうするかといったことが今以上に問題になるのではないでしょうか?特に団塊世代の方々は人口が多いため大変なのではないでしょうか?お墓を買うとその維持も大変。また都心部においては、そもそも墓地を探すのだけでも大変なのではないでしょうか?

田舎から就職のため都会に出てこられた方が多い世代。実家のある田舎に帰る人も減っています。実家は長男がついで、自分は新たにお墓が必要といった人も多いでしょう。

葬送の形も時代とともに変化していっています。散骨して、お墓はいらないという方も増えていっています。散骨についてお考えの方はご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ                                          取得資格:1級葬祭ディレクター フリーダイヤル                                        0120-417-352 電話受付 8:00~18:00                                  ────────────────────────────                                           大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                                     東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

勝新太郎さん、石原裕次郎さんなど有名人の散骨

■ 勝新太郎さん、石原裕次郎さんなど有名人の散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「勝新太郎さん、石原裕次郎さんなど有名人の散骨」についてです。

散骨は日本ではまだまだ知られていない葬法ですが、海外では比較的一般的な葬法として行われています。しかし、日本でも有名人などが散骨を行い、それに伴って少しずつ散骨が人々に知られて来ています。

中でも良く知られているのは、勝新太郎さんや石原裕次郎さんの散骨ではないでしょうか。彼らが散骨を行ったというニュースもありましたし、ご存知の方も少なくないのではないかと思います。

勝新太郎さんはハワイのワイキキ沖で、石原裕次郎さんは湘南の海で散骨をしたといわれています。その影響で、勝新太郎さんや石原裕次郎さんのファンの人たちも「自分が死んだら散骨をしてほしい」と希望する方が増えたといいます。散骨は、かつては日本では認可されなかった葬法ですが、現在では比較的自由に散骨を行うことができるようになってきています。特に海洋散骨は許可がおりやすく、散骨の中でも人気の高い葬法となっているんです。

生命の起源である海に還りたい、海が好きだから死んでも海で眠りたい…そんなふうに考える方が、今、自分の葬法として海洋散骨を選択されています。
散骨について知りたい、また散骨をしたい、という場合には、ビー・アライブまでご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00
────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

立川談志さんと散骨~立川雲黒斎家元勝手居士

■ 立川談志さんと散骨~立川雲黒斎家元勝手居士

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「立川雲黒斎家元勝手居士」についてです。

落語の立川流家元7代目で落語家だった立川談志さんは、75歳でこの世を去りました。
その破天荒な性格で世に知られ、落語のみならず講談、漫談などの得意な落語家さんでした。

立川談志さんの戒名は、「立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)」。
この戒名は、生前ご本人が考えたものだそうです。

立川談志さんの遺骨は、海に散骨されています。
これは生前にご本人が家族に伝えた意向で、今年の2月に、長女の弓子さんの手でハワイの海にまかれたそうです。

散骨は、近年日本でも注目されている葬法の一つです。そして、日本の多くの著名人も散骨をなさっています。
その影響で、一般の方々にも広く知られる葬法となりました。

ご遺体を火葬にし、遺骨を細かくパウダー状にし、それを海などの自然の場所にまく、というのが散骨の方法です。
許可さえあれば、好きな場所に散骨してもらうことが可能ですから、亡くなったら散骨で…と希望される方も多くなってきました。
立川談志さんも、そのうちのひとりというわけですね。

海での散骨をご希望の場合は、ビー・アライブへご相談ください。
生前からのご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

葬祭業者の仕事と海洋散骨

■ 葬祭業者の仕事と海洋散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「葬祭業者の仕事と海洋散骨」についてです。

近年、さまざまな葬儀の形が生まれ、葬祭業者の仕事も多様化しています。
それに伴って、葬儀の「イベント化」が懸念されるところもあります。

葬儀を一つのイベントととらえ、そして葬儀を「プロデュース」する、それが葬儀業者の仕事となってしまっています。

しかし、本来の葬祭業者の仕事は「ご遺族様が死者を弔うための支援を行う」ことではないかと思います。
家族を失くしたご遺族様の心に寄り添い、葬儀の準備がスムーズに進むようサポートする、その原点が揺らいでしまう程度にイベント化になってしまえば、
葬祭業者の本来の仕事から少し派生したもにのと広がってしまうような気がします。

海洋散骨にしても同じことです。
特に散骨という葬法はイベント性が強いため、ご遺族様の中にもそういった意識をお持ちの方が少なからずいらっしゃいます。
しかし、本来は死者を弔うための「葬法」ですから、丁重に、死を悼みながら行うことが本来の形といえるのではないでしょうか。
故人が海が好きだったから、海とともに生きてきたから…そういった故人様の人生を振り返り、海洋散骨を行うことで、故人様は安らかに眠れるのではないでしょうか。

もちろん、ビー・アライブでは、ご遺族様をサポートし、故人様を弔うための散骨を行うことが大切だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 葬法

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ