ホーム > タグ > 遺品供養

遺品供養

火葬後のお骨上げと遺骨遺棄罪と散骨

■ 火葬後のお骨上げと遺骨遺棄罪と散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「火葬後のお骨上げと遺骨遺棄罪と散骨」についてです。

火葬した後のお骨上げですが、一部少量の遺骨を拾われ、残りは火葬場(斎場)に処理を委ねられる方がたくさんおられます。
これは関西での骨上げですが、関東では大半を拾うものの少量は露台に乗っています。

大半にしろ少量にしろ、遺骨が処理されている事に違いはありません。

また火葬場(斎場)に処理を委ねられたご遺骨に関しては、産業廃棄物として正当に処理されています。
同じ遺灰としても、ご遺族様が持っているものはご遺骨、そして残ったものについては産業廃棄物と認定されて、ご遺骨にはならないとされているのです。

このように考えれば、お骨をどのようにするのかは、非常にデリケートな問題であると同時に、
その行政上の処理としては大きな矛盾を抱える事になります。

そうすると葬送のひとつの方法として、
節度を守れば散骨も当然認められるべきですし、また自然葬自体なんら何も反する事がないと言えるのです。

そういった様々な問題が解決できた時、自然葬がもっと知名度があがり社会的な認識を受ける、ひとつのきっかけになるでしょう。
デリケートな問題だからこそ、社会的な認識というものが必要になってくると感じるのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Home > タグ > 遺品供養

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ