ホーム > タグ > 遺灰を撒く

遺灰を撒く

遺灰を撒く散骨葬・海洋葬で違法になるケースと散骨の法律

● 遺灰を撒く散骨葬・海洋葬で違法になるケースと散骨の法律

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「遺灰を撒く散骨葬・海洋葬で違法になるケースと散骨の法律」についてです。

遺灰を撒く散骨葬・海洋葬で違法になるケースは、許可が下りていない場所で散骨を行った場合です。
例えば市街地にある空き地や家の庭など、近所に住民が住んでいて、近隣の迷惑になるような場所に散骨すると、それは違法になってしまいます。また、環境汚染につながってしまうような場所で散骨しても、違法となります。

きちんと許可が下りていて、住民などに迷惑がかからない、環境汚染の問題のない場所で散骨することが、日本の散骨の法律で決められています。ビー・アライブでは、きちんと散骨の許可が下りており、散骨しても問題ないエリアでの散骨を承っておりますので、安心して散骨葬・海洋葬をお任せいただくことができます。

ビー・アライブにご依頼いただくと、まずはご遺族様とお打ち合わせをさせていただき、日程や場所など細かいことを決定します。
そして、ご自宅へ伺い、ご遺骨のパウダー化処理をさせていただきます。散骨葬・海洋葬当日には、出港場所にご集合いただき、散骨の儀・散骨の準備をしていただいたら、専用船で散骨ポイントへと向かい、散骨ポイントでご遺灰を散骨していただきます。

散骨葬・海洋葬をお考えなら、ビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

海洋散骨・海洋葬の際の遺灰を撒くことによる周辺への影響

■ 海洋散骨・海洋葬の際の遺灰を撒くことによる周辺への影響

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「海洋散骨・海洋葬の際の遺灰を撒くことによる周辺への影響」についてです。

日本の法律上、海洋散骨・海洋葬は「遺骨を捨てる目的でなく、葬法を目的として節度を持って行うなら違法ではない」と解釈されています。
日本の法律では、お墓への埋葬、納骨堂への収蔵については手続きが定められているのですが、それ以外の葬法については規制がありません。ですから、海洋散骨・海洋葬についても、法律に反しない限りは規制はないわけです。

それだけに、「節度を持って」という部分が問題になってくるんです。

海洋散骨・海洋葬の際の遺灰を撒くことによる周辺への影響には、いくつかのものがあります。
遺灰を撒くことによる周辺への影響としては、「人が住んでいる場所のそばだと嫌がられる」「環境汚染」「海水浴場など海岸線の近くに撒くと周辺に悪影響が出る」などとといったことがあります。
ですから、「遺骨を原型がわからないようパウダー状にする」「人の住む場所から一定以上離れた場所に撒く」「環境汚染の影響がない場所に撒く」「海の沖合まで出て、遺骨だけを撒く」といったことに注意を払う必要があるでしょう。

海洋散骨・海洋葬にも、注意しなければいけない点がいくつかあります。
しかし、注意点さえ守れば自由に行えるのが海洋散骨・海洋葬の魅力です。もちろんビー・アライブではそのような注意事項についての対処方法は心得ております。海洋散骨・海洋葬をお考えなら、ぜひ、ビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00~18:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の埋葬制度と海洋散骨

■ 日本の埋葬制度と海洋散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「日本の埋葬制度と海洋散骨」についてです。

日本では、埋葬制度が法律として制定されており、勝手に埋葬することはできないこととなっています。
埋葬は必ずしも土の中とは限らず、地下室、地上の施設などでも埋葬ということになります。

近年では、日本で亡くなった方のご遺体のほとんどは火葬され、その骨の一部をお墓に埋葬するというのが一般的です。
お墓もかつては墓石を使ったお墓が一般的でしたが、最近では都市部の住宅事情などを汲んでロッカー式のお墓などが登場しています。

しかし、そういった従来の流れで埋葬をしてほしくない、という人も最近では増えてきており、さまざまな埋葬方法が国によっても検討され始めています。

海洋散骨もその中の一つです。海にご遺灰を撒く、それは違法にあたるのかどうか、かつては議論されたことですが、今では海洋散骨は法によって認められ、違法ではない葬法となっています。
といってもどこにでも撒いていいというわけではなく、きちんと許可を取った場所で撒く必要があります。

海洋散骨は、特に海が好きだという人やそのご遺族が選択される葬法です。
また海洋散骨を選択される人の中には、生命が誕生した源である海に還りたい、という考えを持つ人もいらっしゃるようです。

海洋散骨のことなら、ビー・アライブへご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00
────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 遺灰を撒く

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ