ホーム > タグ > 須磨

須磨

神戸市の海での散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「神戸市の海での散骨」についてです。

神戸といえば昔は異国情緒の豊かな町、北野の異人館などは今でも有名です。そして関西では、神戸市の海での散骨が人気です。
ビー・アライブの場合、神戸市にある須磨沖での散骨に対応しています。

神戸市須磨というところは、夏は海水浴客でにぎわうにぎやかなビーチが広がる場所です。
しかし沖まで出ると穏やかな海が広がっている、散骨に人気の海でもあります。また、関西圏から近く、比較的訪れやすい場所ということも、人気の理由のひとつとなっています。

あまり遠くの海に散骨すると、お参りに訪れるのが大変だから…とお考えのご遺族様や、ご遺族様に負担をかけたくないとお考えのご本人様が選ばれることの多い場所です。

また、死んだあとにあまり寂しいところに埋葬されるのは嫌だ、にぎやかなところに散骨してほしい、といったご希望をお持ちの方が、須磨のにぎやかさを求めてお選びになっています。

須磨は海水浴客が多いため、あまりきれいなイメージを持たない方も少なくありませんが、沖に行くときれいで穏やかな海が広がっている、環境の良いところなんです。近くて訪れやすく、きれいな海での散骨を…とお考えの方は、神戸市須磨沖での海洋散骨をご検討してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

骨の粉骨パウダー化による散骨

■ 骨の粉骨パウダー化による散骨

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「お骨の粉骨パウダー化処理による散骨」についてです。

散骨を行う際には、必ずお骨の粉骨パウダー化処理を行う必要があります。
粉骨パウダー化処理を行うことで、ひとつひとつが非常に細かくなり、より自然に早くなじむようになっています。

散骨を行う方々は、故人が好きだった場所、慣れ親しんだ場所に遺灰をまいてあげたいというのはもちろん、自然に還すことで早く生まれ変わることができるとお考えになる方が多くいらっしゃいます。
海であれ山であれ、遺灰をまいた場所がきちんとわかるように、海図や地図などをお渡ししますから、お参りも正確な場所できちんと行うことができます。

最近では亡くなった後にお墓に遺骨をとどめてしまうと、生まれ変わるのに時間がかかる、と考える方が増えておられ、そういった点に関しても散骨の人気が高まっています。

ビー・アライブでは、多くの骨の粉骨パウダー化処理・散骨のご依頼を承っております。

大阪、和歌山、南紀白浜、須磨、石垣島で海洋散骨をしたいとお考えの方は、一度ビー・アライブへご相談ください。
きっとご納得いただける散骨をプロデュースさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

葬祭業者の仕事と海洋散骨

■ 葬祭業者の仕事と海洋散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「葬祭業者の仕事と海洋散骨」についてです。

近年、さまざまな葬儀の形が生まれ、葬祭業者の仕事も多様化しています。
それに伴って、葬儀の「イベント化」が懸念されるところもあります。

葬儀を一つのイベントととらえ、そして葬儀を「プロデュース」する、それが葬儀業者の仕事となってしまっています。

しかし、本来の葬祭業者の仕事は「ご遺族様が死者を弔うための支援を行う」ことではないかと思います。
家族を失くしたご遺族様の心に寄り添い、葬儀の準備がスムーズに進むようサポートする、その原点が揺らいでしまう程度にイベント化になってしまえば、
葬祭業者の本来の仕事から少し派生したもにのと広がってしまうような気がします。

海洋散骨にしても同じことです。
特に散骨という葬法はイベント性が強いため、ご遺族様の中にもそういった意識をお持ちの方が少なからずいらっしゃいます。
しかし、本来は死者を弔うための「葬法」ですから、丁重に、死を悼みながら行うことが本来の形といえるのではないでしょうか。
故人が海が好きだったから、海とともに生きてきたから…そういった故人様の人生を振り返り、海洋散骨を行うことで、故人様は安らかに眠れるのではないでしょうか。

もちろん、ビー・アライブでは、ご遺族様をサポートし、故人様を弔うための散骨を行うことが大切だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00?18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペットの海洋散骨

■ ペットの海洋散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「ペットの海洋散骨」についてです。

人の海洋散骨は、外国では一般的な国も多く、日本でも最近知られて来るようになってきました。
しかし、ペットの海洋散骨となると、まだまだ諸外国ですらあまりしられていない、またそういった葬送を行う葬儀社がない、ということもありあまり行われていません。

実は日本では、まだペットの葬儀については全く法律の規制が行われていない状態なんです。
ですから、自宅の庭に埋める人もいれば、廃棄物として清掃局に任せる、という飼い主さんまでいるんですよ。

しかし、日本の住宅環境では、自宅に庭が存在しないというお宅も多いでしょう。
とはいえかわいいペットは家族同然、きちんと埋葬してやりたいと考える方は決して少なくありません。ですが、葬儀や霊園など、きちんと行うには高額な負担がかかってしまいます。

そこでお勧めなのが、海洋散骨です。ペットの遺骨を粉末状にし、海に撒くという海洋散骨という葬法は、高額な負担がかからず、
またきちんと弔ってあげることができるので、最近ひそかに注目を集め初めているんです。

海で遊ぶのが大好きだったワンちゃんなど、海洋散骨をしてやれば喜ぶのでは…とお考えの飼い主さんなどに人気です。
先日も、ペットを可愛がっていた方とそのペットの散骨を行いたい、というご相談をいただきました。

大好きだったご主人さんと可愛いペットも一緒になって散骨を行う、きっとペットも喜んでいると思います。
ペットの埋葬について前もってお考えなら、海洋散骨もご検討されてはいかがでしょうか。
ビー・アライブでは故人様と同じく散骨をしたいというご希望や、ペットだけの散骨もご相談を承っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビートルズのジョージ・ハリスンと海洋散骨

■ ビートルズのジョージ・ハリスンと海洋散骨 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。
今回は「ビートルズのジョージ・ハリスンと海洋散骨」についてです。

元ビートルズの最年少メンバーだったジョージ・ハリスン、彼も死後に散骨を行っています。
ビートルズが解散した後もソロで活躍したミュージシャンですから、ほとんどの方がご存じなくらい有名な人ですね。

ジョージ・ハリスンは、晩年肺がんと脳腫瘍を患い、2001年に逝去しました。
ジョージ・ハリスンの「ガンジス河に遺灰を散骨してほしい」という意思は生前に遺族に伝えられており、死後ロサンゼルスで火葬されたのち、ガンジス河への散骨が実行されました。
また、遺灰の一部は聖地アラハバード(ガンジス河とヤムナ河が交わる部分)にも散骨されました。

死の3か月前にもインドを訪れ、ガンジス河で沐浴を行ったそうです。
インドに深い愛情を持っていた彼は、死後はガンジス河で眠りたいと考えたのでしょう。

このジョージ・ハリスンの散骨も、世界中に「散骨」という葬法が広まる大きなきっかけとなりました。
そして世界的に散骨が知られるようになり、実際に散骨を行う人も大きく増えました。

また、自分がもし死んだら、その時に散骨をしたいと考えるようになったという人もきっと増えたことでしょう。

散骨を行うことで、自分の大好きな場所で眠ることができる、というのが散骨の最大の良さではないでしょうか。
自然葬・散骨についてご興味がおありの方は、どうぞビー・アライブへご相談ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 須磨

最近の投稿
メタ情報
お見積り・ご相談無料 0120-469-466
ページの先頭へ