葬儀と散骨と正装の理由

■ 葬儀と散骨と正装の理由 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。今回は「葬儀と散骨と正装の理由」についてです。

葬儀の場合は礼服を着るのが習慣としては多いかと思います。
礼服は冠婚葬祭用の、結婚式に参列する服装で、黒の上下に黒のネクタイ(結婚式なら黒でなく白やシルバーなど)ですが、これは必ずこの服装でないといけないというわけではないものの通常は礼服が普通の服装です。
決まりなどでいうと
・シャツは白が基本で、柄物は避ける
・ネクタイは黒無地が基本
・ネクタイピンや胸ポケットのハンカチは身に着けない
・結婚指輪(婚約指輪)・腕時計(派手でない物)以外のアクセサリーは避ける

とされてます。では散骨の際の服装は?というと、明確に決まっているわけではありません。
ただ、故人様のことも考えれば、不敬に当たらない服装であればいいのではともいえます。本来は忌み嫌うという意味での葬儀に近い場所にお越しいただいて、散骨を行う儀式であるということを先ずは心得て頂ければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━