火葬と散骨と荼毘に付すタイミング

■火葬と散骨と荼毘に付すタイミング■

ブログお読みいただきありがとうございます。海洋散骨・散骨・自然散骨のビー・アライブ、関川です。今回は「火葬と散骨と荼毘に付すタイミング」についてです。

日本では火葬を行うことが非常に多いです。海外の諸カ国へ行くと、土葬が未だに行われていたり、鳥による鳥葬、海に流す海洋葬などもあります。
日本では昔から火葬を行い骨にしてお墓に埋葬する形が多くとられてきましたが、これはあくまで日本の文化であり、海外では仏教はキリスト教など宗教が違うので埋葬方法も異なります。
そして火葬にあたっては、死後24時間以上過ぎないとと火葬することができないという法律があったり、また、埋葬するにあたって、散骨をする際には一定のルールが多数あります。
また宗教によっては49日があったり、7日間はご遺族様は喪に服す必要があるなど、多少の異なりであれども、その宗教的な文化が異なります。
こういった習慣に関して詳細が分からない場合も、是非ビー・アライブにご相談下さい。一級葬祭ディレクターが散骨事情であったり、宗教などから考える散骨についてのご説明をさせていただきます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海洋葬・海洋散骨・散骨・自然葬のビー・アライブ
取得資格:1級葬祭ディレクター
フリーダイヤル 0120-417-352 電話受付 8:00〜18:00

────────────────────────────
大阪本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━